館主のこだわり(1)

◆はじめに

いつも当館「源泉湯 燈屋」をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。館主の氏原 敦です。

政府の緊急事態宣言・山梨県の緊急事態措置を受けて、4/15から6/7までの間、臨時休業をさせていただきました。
皆様方にはこの状況をご理解ご協力いただきまして、6/8から無事営業再開させて頂きましたこと、心から感謝申し上げます。
応援、ご支援とともに、再開後も変わらぬご愛顧を賜りまして、感謝の念に堪えません。

臨時休業期間中は、非常に苦しい期間でもありましたが、日頃なかなか腰を据えてチャレンジできないことを思い切ってできる良い機会、と前向きに捉えまして、様々な改修工事や人財開発、営業時間・料金形態・業務フローの変更など、大きなものから細かいものまで知恵を絞って変革にチャレンジしました。

また、私たちも、営利企業として、業を営み、対価をいただくお仕事ですので、
経営者として、従業員・雇用を守るために、燈屋としてのシフトチェンジ(マインドチェンジ)についても、様々な思いを巡らして、新たな時代に順応していかなければならない、と考えております

◆3つの大幅リニューアル

まずは、特に強い念いと費用を掛けて取り組んだ代表的なものを、3つご紹介させていただきます。

①お風呂場のシャワー・カランの水圧UP工事


②スタジアムサウナの全面改修工事

③燈屋クリーンファイターズの癒し処デビュー


これらは今回のコロナ禍とは関係無く、以前から私の中で温めていたアイデアを実現したものです。


①お風呂場のシャワー・カランの水圧アップ工事(特に女性風呂の洗い場)

中でもシャワー・カランの水圧UPは、毎年ご協力頂いている【お客様アンケート】で必ず改善リクエストの声を頂く箇所だったのですが、燈屋建設当初の設計上、大規模に工事を行わないと、どうにも改善の手が付けられなかったところです。

建物構造上、女性浴場のシャワー・カランが配管の一番遠くにあり、利用者が増えると圧力が抜けてしまい水の出が悪くなり、女性のお客様が洗髪をするにはあまりにも使い勝手の悪い状態で、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

しかし、やはり燈屋の本業は“普段使いの街のお風呂屋さん”ですので、お風呂がストレス無く気持ちよく使って頂けることこそが、何を差し置いても最優先すべき改善点と考え、思い切って地面をひっくり返して地下に潜って大大大工事をいたしました。

その結果、ずいぶん水圧が改善されたと思います。

女性のお客様は、一度でもご不便を感じたお客様は、是非とも今一度足を運んでいただいて、より心地よくなった洗い場をご体感いただけますと幸いです。

②スタジアムサウナの全面改修工事

スタジアムサウナの改修は、サウナ好きの私個人としても、悲願でした。

先ず、サウナ室内の天然木を全て新品に取り替えました。香りが全然違います!

併せて、清掃時に木材を外して綺麗にお掃除ができる様に工夫いたしました。(これはお客様には全く見えないところですが・・・)

やはり清潔感が1番重要ですから清掃のやり易さにもこだわりました!

そして、私自身色んなサウナを渡り歩く大のサウナ好きとして、もっとゆったり空間でサウナを楽しみたい!!という思いの実現です。

サウナ空間って、仕切りが無い分、個々人のスペースがある意味 “お客様任せ” でして、山梨はまだ良い方かもしれませんが、大都市圏のスーパー銭湯に行くと赤の他人同士が裸でぴったり寄り添ったりして・・・。

従来は、業界の常識に則って、真ん中に1本、階段道を作って、左右に二人ずつ座れるようにしていましたが、今回の改修で、階段を2本に!!

座れる人数は4から3に減りますが、その3人にとっては凄く贅沢な気持ち良い空間になるんじゃないかなぁ、と、実は、前から考えてたんです。今回思い切って長年温めてきたアイデアを実現!

その結果、今の時代にマッチした社会的距離をたっぷりとったサウナになりました!!

名づけて、

『新距離感の贅沢サウナ』


この仕上がりには大変満足しておりまして、今では毎日私も燈屋のサウナ通いしています。


③燈屋クリーンファイターズの癒し処デビュー

三つ目が、燈屋クリーンファイターズ(ラガーマン達)にリラクゼーションマッサージ技術を修得させてデビューさせること。

もうご存知の方も多いと思いますが、燈屋の特徴の1つに地元山梨を代表するラグビーの社会人クラブチーム『クリーンファイターズ山梨』の選手を雇用していることがあります。

今現在、現役3名(青山・マーティン・木下)とOBの田口支配人・佐々木支配人、全部で5名。このうち佐々木支配人を除く4名がこの臨時休業期間中に毎日毎日指がもげるほど痛い思いをして特訓し、見事に技術を修得いたしました。

私は昔から首、肩、腰と全身全て極度のコリ症でして、マッサージにはうるさい方です。マッサージ師さんで上手な人って、もちろんツボや筋肉や経絡の流れを熟知してて順序や流す方向が大切だってことは重々承知しているつもりですが、もう一つ私なりにいつも思ってることが、そもそもパワーの無い人が一所懸命ぐいぐい押してくるよりも、体幹がしっかりしてて手も身体もパワーが有る人で、大きな手の人に押されると気持ち良いんだよなぁ・・・ってことです。

この特徴、彼らラガーマンはバッチリ当てはまるんです。しかも、大学はもちろんのこと、さらに社会人のプロリーグでもラグビーを続けるアスリートですから、彼ら自身が普通の人よりもずっと身体のケアについては真剣なんですよね。

お客様の身体を大事に労わることは、そのまま自分の体調管理にも繋がりますし、そもそも施術することも彼らにとってはトレーニングの一環になるのでは?、なんて長年思っておりました。

特訓してみた結果、狙い通り私の仮説はバッチリでした!!彼らは2ヶ月掛けて必死で練習し、お金を頂くに値するレベルへと成長してくれました。是非、一度、彼らの施術をお受けいただければと思います。

他にも、「ヒノキ風呂」のヒノキを交換したり、たくさんの改善点や変更点がありますが、それらは燈屋HPやFacebook、LINEなどで随時ご紹介してまいりますので、機会がありましたらぜひご覧ください。 

(※「館主のこだわり(2)」へ続く)